撮影現場で欠かせないケータリングの存在

撮影現場に行くと、様々な人がいます。演者さんやスタッフさんなどもそうですが、中には外部スタッフさんを呼ぶケースもあります。その中でもいろいろな人が楽しみにしているのがケータリングです。ケータリングの場合、欠かさず準備してほしいものが温かい飲み物です。というのも、撮影の季節がいつであるかより、その映像や画像で欲しい季節がいつか、ということがとても重要視されるからです。その場合、必要以上に厚着をしたり、必要以上に薄着をするケースもあります。みすぼらしいシーンの場合は特に薄着をしたり、服が破れていたりしますから、そういった冬のシーズンの撮影はとても厳しいものです。そういった時に、ケータリングでの一杯の温かい飲み物はとても嬉しいものです。中には特に温かいものを楽しみにしている演者さんもいるのですから、様々なことを考えなくてはいけません。といっても飲食に対してカロリーのあるものは避けたほうがいいでしょう。例としてあげるならばコーヒーやお茶などがいいでしょう。食事時はスープなどでもいいようですね。撮影現場ではそういった食事の楽しみがあります。特に、温かいものを準備しておくと特に感謝されることが多いようですよ。

撮影現場で重宝されることが多いケータリングサービス

多くのスタッフと出演者が入り混じる撮影現場。この撮影の現場で食事というと一昔前までロケ弁が主流だったのではないでしょうか。配達してくれる弁当屋もあれば、スタッフが直接走り回って弁当を購入する弁当屋もあり、弁当担当のスタッフにとって大変だったのだと思います。しかし、今の時代ではロケ弁に取って代わってケータリングサービスを利用する場面が増えてきているのではないでしょうか。出来立てのアツアツ料理を提供してくれるこのサービスは撮影現場の食事に活気を与えてくれ、大変重宝されていることでしょう。オーソドックスなスタイルのものから、移動式の販売車で料理を作って手渡してくれるものまで、ロケの現場でケータリングの需要はこれからも高くなっていくことでしょう。もし、あなたがこれから飲食業界でお店を出そうとお考えなら移動式ケータリングサービスを始めてみるのも良いかもしれません。店舗を出店するのに比べ、圧倒的にコストがかかりませんし、利益率もかなり望めるのではないでしょうか。人が集まる地域ではこれら移動式サービスを行っている業者が年々増えてきています。あなたも参入してビジネスチャンスを掴んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です