撮影現場で使われる事の多いケータリングサービス

映画や連続ドラマの撮影現場で使われる事の多いケータリングサービスは、普段一般的に利用される形態とは違って移動式販売車によるものが多いです。撮影現場まで車で乗りつけ、そこで作りたての料理を役者やスタッフに販売するのが人気で、ロケ弁当などに比べて出来たてな所が好評なのでしょう。移動式販売車で販売する料理も和食・洋食・中華をはじめ、数々の多国籍料理を販売している業者もあるのでそんなところも高い人気の原因なのでしょう。このような移動式販売によるケータリングサービスは撮影現場のみならず、ビルが建ち並ぶオフィス街でも年々需要が高まってきています。わざわざ飲食店まで昼食を食べに行くことなく、会社の目の前で作りたての料理を購入出来るので、多くのサラリーマンやOL達にとってありがたいものとなっています。ケータリングサービスというと人が集うパーティーの現場や結婚式の2次会などで利用するイメージが一般的ですが、これからの時代はこのような移動式販売車を使ってのサービスがもっと増えてくるのではないでしょうか。それに伴い、多くのプロの料理人がこの業界に参入してくる事でしょう。外食産業にはまだまだ伸びしろがあると言えるのかもしれません。

ケータリングサービスは撮影現場などでも活躍

どんな場所へでも出来立ての料理を運んで提供してくれるケータリングサービスはパーティーやちょっとしたお祝い事などに最適です。料理をのせてあるお皿などは食事の後片付けてくれる業者もあるので、注文をする際に料理の料金に片付けも含まれているかどうか確認すればよいでしょう。注文も10人以下から受け付けている業者もあれば、100人以上の大口の注文に対応している業者もあり、人が集まる規模に合わせて業者を選ぶ事もポイントです。料理も洋食がメインですが、中には和食や多国籍料理を取り扱っている業者もいます。年配の方が多い集まりには和食を注文すると大変喜ばれるのではないでしょうか。そんなケータリングサービスは最近では撮影現場などでも活躍しています。撮影現場では食事をゆっくりどこかのお店でとるなんて時間的な余裕がないのがほとんどですね。そのためロケ弁が昔から定番と言われてきました。でもそのロケ弁に取って代わるように人気が高まってきているのが移動式販売車によるケータリングサービスなのです。撮影現場の他にも、オフィス街でもこのようなサービスの需要が高まってきています。忙しいサラリーマンやOLにとって素早く出来立ての料理を購入することが出来る点が人気の原因なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です