撮影現場ではケータリングを使ってみましょう

映画やドラマの撮影現場には、役者さんだけではなくスタッフも多数同行し、そして、場所も大都会から地方まで様々です。そんな時に苦労するのは、現場にいる人々の食事です。都会ならば大丈夫かもしれませんが、地方や山中では、ちょっと困ってしまいますね。また、撮影のスケジュールが立て込んでいてものすごく忙しいという日もあるかもしれません。あれもこれもといううちに、ミスが起きてしまったら大変です。そういう時は、ケータリング業者を使ってみてはいかがでしょう。ケータリングとは食事の宅配サービスのことです。前もって日時や人数、場所をしておけば、当日撮影現場まで食事が届きます。百人単位の人数になったとしても対応は可能です。個人で百人単位の食事を準備するのはとても大変です。しかし、業者ならそれも可能です。食事の準備は業者に任せておけばいいわけですから、忙しい現場から一つ仕事が減ることになり、現場で段取りをするスタッフの負担軽減に繋がり、そしてミスも未然に防止できるということになります。撮影現場以外でも、たとえば法要・式典など、人がたくさん集まるイベントの時にもケータリングは力を発揮します。あらゆる場面で、お考えになってはいかがでしょうか。

撮影現場においけるケータリングの役割について

映画やドラマなどの撮影の際に欠かせないのがケータリングですが、どういったものが人気があるのでしょうか。一般には、撮影のスタッフの好みを聞いて、新人であったり、若手の社員がケータリングを頼むというようなことが多いですが、こういったところからも、その人の素質が見られています。しっかりとしたものを選ぶことができれば、撮影現場の士気を高めることができますし、印象に残る仕事をすることができます。食事の思い出は非常に印象に残りやすいため、自身を売り込むという意味でも、多くの若手が通る道であり、考えどころの一つであると言えます。また、予算がしっかりと付いている撮影であれば、出張してもらってその場で食事を作ってもらうという場合もあります。そういった大掛かりな仕掛けについては、撮影現場を盛り上げることにもつながり、出演者にとってもやる気が上がる部分でもあるため、非常に好感を持たれることがおいです。また、編集などの作業の場面においても、買いに行く時間がなくケータリングを頼む場合には、いつも同じものでなく、色々と選択肢を持っておくことが非常に重要であり、そういった部分で好印象を持ってもらうと、非常に重宝されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です